オフィス移転でのメリット

subpage01

企業にとって、どこにオフィスを設けるかは、それぞれの理由があります。


自社のブランドを世に知らしめたいのであれば都内の一等地にするとか、また例えば、製造業のオフィスであれば、生産の利便性から、自社工場の側に設置することでしょうし、外勤の多い従業員を抱えるオフィスならば、交通手段のアクセスで決めることもあります。

役立つ産経ニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

ところで、オフィスを設置する上で気になるのが「固定費」です。

この固定費、大きなところでは、オフィスの家賃があるでしょうし、また、自社ビル等では固定資産税と言う形で現れて来るかも知れません。当然のことですが、広さの他にも、駅に近いなどの好条件であれば家賃も違うでしょうし、自社ビルの場合は土地の評価額によっても税金が違い、固定費が変わるかも知れません。



さて、ここでオフィス移転について考えてみましょう。


オフィス移転は、広さ、あるいは場所の変更と言った意味がありますが、これは、そのまま「事業の規模やスタイル」の変更でもあります。


事業を拡大して多くの従業員を雇用するなら広いオフィスに、また、外勤社員を増員するならば、駅に近いとか、駐車場の広い場所を取ることもあります。



また、逆に、経営をスリム化させるならば要員が減るから狭くても良いとか、ネットビジネスならば家賃最優先で地方でも良い、と言う選択もあります。


この様に、オフィス移転は、拡張にせよ縮小にせよ、企業の経営そのものに寄って決まると言えます。