オフィス移転を成功させるポイント

subpage01

オフィスが狭くて業務効率が上がらないケースや保管書類のスペースが足りないなど、オフィスにおける不満点がある場合は思い切って移転することを考えてみてはいかがでしょうか。オフィス移転には様々な要点がありますが、成功することで職場環境を改善させ、スタッフの士気を上げる効果も期待できます。



オフィス移転を計画する際には、現状のオフィスでの不具合となっている点を列挙し、その内容を基に移転先オフィスに求める条件を洗い出しすることから始めましょう。

Reutersのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

現状の不具合点を整理することで新たな発見や業務改善案を生み出すことにもつながります。また、オフィス移転を契機にデスクのレイアウトやミーティングスペースなどの刷新を計画するのも良いでしょう。業務を効率化させるポイントにデスクレイアウトは重要なポイントになりますので、業務形態に応じた最適なレイアウト案をいくつか検討して、社内スタッフの意見を取り入れながら最適なレイアウトを決めていきましょう。
最近では固定席を設けず毎日デスクの位置を変えるフリーアドレスという考え方も一般的になりつつあります。



職場の風通しを良くして、最低限のデスクを確保し、賃借面積を最小限に抑えると固定費の圧縮にも繋がります。

このように、オフィス移転時は現状の問題点を解消するチャンスにもなりますので、社内で十分に検討して最適なオフィス空間を確立できるように入念に計画して進めることがポイントになります。