大工がオフィス移転をするメリットとデメリットとは

subpage01

大工がオフィス移転をすると、人を雇いやすくなる、仕事が増加するなどのメリットが期待可能です。

話題の最新ジョルダンニュース!情報選びをサポートするサイトです。

例えば大工が自宅とオフィスを兼用していた際は、仕事が少ない時なら問題ありません。
ですが、仕事が急増してきて急遽人員増加させる必要が生じた際は、自宅ではオフィスとして限界が近い状態と言えます。
そのため、広い土地に大きい建物を建設し、そこへオフィス移転させると、人を雇うことができるようになります。



人を雇った後は、依頼を受けた仕事を適切に処理していきます。

そして、大量の仕事をこなすことができるようになったため、大きな看板を設置したり自社サイトも作成し、宣伝活動を始めます。



時間が経つと、その地域では知らない人がいないほど、大きな規模を持つ大工になっているはずです。


デメリットはオフィス移転には費用がかかる、顧客にも移転先の情報を教える必要があるなどです。オフィス移転するには、その場所の土地代と建物の建造費用として多額のお金がかかります。


一括払いが難しい時は、業者にローンを組ませてもらえれば支払う際に楽ができます。または事務所をレンタルして使わせてもらうのも悪くないです。


毎月費用を支払えば済むので、自身で購入するよりも安上がりです。
あと、オフィス移転後は顧客に移転した先の情報を教えなければいけません。


住所と電話番号だけでなく、近くの目印についても教えておくと顧客がオフィスへ行く時に便利です。

ネットのサイトにもそのように説明しておくといいです。