オフィス移転で考えるべきこと

subpage01

オフィス移転には様々なメリットがあります。

例えば分散している事務所を一つにまとめることで賃料や機器類のランニングコストを下げることができますし、同時にレイアウトも変更することで業務効率も上げられます。



また、新しいオフィスになれば従業員のモチベーションも上がりますし、新卒採用の際に与えるイメージも良くなります。


しかし、オフィス移転では考えるべきことがたくさんあります。



既存事務所に関してもどれくらい前に解約することをオーナーに連絡しなければいけないか確認しなければなりませんし、原状回復費用も見積もらなければなりません。

移転先についても、まずは立地、広さ、設備、そして賃料などについて希望に見合った物件を探さなければなりません。

物件が決まったら、レイアウトを決めなければなりませんし、その後は買いなおす家具や什器、そしてインフラ関連の移転準備も必要となります。
既存の事務所から移転先へ持っていくものについては引っ越し業者の手配も必要となるでしょう。
それ以外にも、オフィス移転ではたくさんのことを決めなければなりません。
そこで陥りがちなのが、それぞれの作業を別の業者に依頼し、その相手とのやり取りだけで時間が取られてしまうことです。

そうなると調整や情報共有に手間も掛かりますし、コストも高くなってしまうことが多くなります。そんなことが起きないためには、オフィス移転について全てをワンストップで任せられる業者を探すと良いでしょう。

@niftyニュースのお役立ち情報を公開しています。

全ての作業を取りまとめることでスムーズな移転ができますし、費用も安くなることがあるからです。


多くのメリットがあるものの手間も掛かるオフィス移転は、すべてを任せられる業者がおすすめです。