オフィス移転の時に注意する点

subpage01

業績が好調で今のオフィスが手狭になってきた時、オフィスを移転することを考えますが、すぐに移転することができるわけではありません。

移転をする時には注意しなければいけない点がたくさんあるのです。
オフィス移転の際、どの様なことに注意をして進めていけば良いのでしょうか。



最初にやらなければいけないことは現在使用しているオフィスの解約条件の確認です。賃貸のオフィスを借りている場合、解約予告期間の確認をする必要があります。


普通、解約をするためには3カ月から6カ月前までに貸主に報告をしなければいけません。


契約期間中に解約する時は違約金等が発生することがあるのでしっかり契約内容の確認が必要です。また、明け渡しの為の原状回復をどの程度まで必要なのかを確認しましょう。

共同通信社情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

移転するオフィスの選定のポイントは、自分がどの様な事を求めているのかをしっかり確認する事です。
また、オフィス移転を成功させるためには、新しいオフィスの立地条件や使い勝手確認が必要です。


オフィスは入っているビルに駐車場はあるのか、また無い場合はビルの近くに駐車場が確保できるか確認しましょう。
共益費や更新料など契約条件の確認も必要です。


オフィスの賃貸契約には難しい内容が多いため疑問点などは仲介業者にしっかり確かめ、納得できたら契約をしなければいけません。
この様に現在のオフィスと新しいオフィスが決定したら、引っ越しの作業は専門業者に依頼する方が安心できます。

オフィス移転では顧客の個人情報や取引先、自社の企業秘密等も動かす必要があるので、業者は慎重に選ぶ様にしましょう。
オフィス移転では思わぬ事態が起こることがあった場合の事も考えて余裕を持って行う事が必要になってきます。



仕事の事柄

subpage02

オフィス移転には様々なメリットがあります。例えば分散している事務所を一つにまとめることで賃料や機器類のランニングコストを下げることができますし、同時にレイアウトも変更することで業務効率も上げられます。...

NEXT

納得の知識

subpage03

企業にとって、どこにオフィスを設けるかは、それぞれの理由があります。自社のブランドを世に知らしめたいのであれば都内の一等地にするとか、また例えば、製造業のオフィスであれば、生産の利便性から、自社工場の側に設置することでしょうし、外勤の多い従業員を抱えるオフィスならば、交通手段のアクセスで決めることもあります。...

NEXT

仕事の秘密

subpage04

オフィスが狭くて業務効率が上がらないケースや保管書類のスペースが足りないなど、オフィスにおける不満点がある場合は思い切って移転することを考えてみてはいかがでしょうか。オフィス移転には様々な要点がありますが、成功することで職場環境を改善させ、スタッフの士気を上げる効果も期待できます。...

NEXT

知っておきたい情報

subpage04

大工がオフィス移転をすると、人を雇いやすくなる、仕事が増加するなどのメリットが期待可能です。例えば大工が自宅とオフィスを兼用していた際は、仕事が少ない時なら問題ありません。...

NEXT